読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKITAのリハビリ的日記

心のお片づけをする発達障害系な人

書けない、話せない。悲しい。 2017/04/08 3:33

私はいくつも文章などで発信する媒体を持っているけど、うまく使えていない。

 

昔、正直に言うと、自分は頭が良いほうだと思っていた。知能テストを受けたり、昔の私(昔ったって数カ月前くらいだが)の話、話し方などからすると確かに学力的な頭の良さはそこそこ高い。大学もまあまあハイレベルだ。

 

その認識を思い切りブチ壊された。友人である来未炳吾(来未炳吾さんのプロフィール - はてな)がトドメを刺したのだ。

 

他の人達にもプスプス突き刺されたり張り倒されたり蹴っ飛ばされたり(言葉でです)して来てはいたんだけど、根底からひっくり返されて起き上がれない状態にまでなったのは初めてだ。

 

ここの所、ある媒体に最近の彼について文句みたいの書いてばかりだったし、以前にも相当グチった(もう消したが)。結局、彼のほうが概ね正しいことに気づく。やり方はどうかと思うけど、やっぱりああするしかないのだろう。憶測ではあるが、何となく私でもああいうところに行き着きそうな気がするのだ。人生初期の経験のせいかも知れない。同じではないけれどどうやら似たような経験のようだし、それが違っても、何らかの親和性を感じることが多いのだ。発達障害者同士でもこういう経験は今のところない。一方的な感覚だが。

 

それでも今はあの記事おい、死んだぞ。発達障害仲間が精神治療薬に殺された。 - HyogoKurumi.Scribbleを読みたいとは思えない。彼はたぶん、私からすると物凄く先に立っているのだろう。

 

私達は現在、やり取り(話)をしていない。していないが、互いに更新をチェックしてはいる(全部見てるかわからないけど)。

 

そのうちお茶でもみたいなことを言ってはいるのだが、どんなツラして会えば良いかわからないのが正直なところである。

 

いくつも媒体を持っていると言ったけど、書けなくなった。来未や、彼を通して知った人達の力を見ていたら、書けなくなった。

 

何回も言っているのだが、私には自分というものがないのだ。40歳のこの歳でやっと気づくことが多くて、たまに頭が冴えて文章力を発揮することはあるけど、基本的には書こうにも何も浮かばなくなったりしている。自分をこれから作らねばならない。あんなに楽しかった書き物が、まるで楽しくない。やりがいを感じるようなものは当然書けない。書きたい、表現したいことがあるようでない。今、色んな経験を積みなおし始めているから、脳の処理がいっぱいいっぱいで発信どころじゃないのかも知れないが。

 

ついでに言えば、何回か来未から私が言っている言葉や思考におかしな所はなくなった、とか言われてはいるが、私自身ではやはりわからない。会話がなくなってから数カ月経つが、定着化も維持もできなくなって、以前のどうしようもない自分に戻ってしまったようにも思う。自分を肯定する感覚が育っていないことは大きな理由だとは思うが、まだ何かが違う。

 

誰かが私に物言いをつけて来たりした時に、今の私には返事ができない。しなくていいとかいう問題ではなくて、そういうのは「できるけどしない」のが恐らくスジなのだ。今の私は振り回されてできない、すればこてんぱんにやられるだろう。

 

1年前には考えられなかったことだ。

 

本当は、書くことは大好きなのだが。