読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKITAのリハビリ的日記

心のお片づけをする発達障害系な人

入院しに行く前に、1回まとめ 2017/02/12 13:22

facebookでの更新から転載】

普通は手直しするところだけど直さないで載せます。

キリがないので。ブログ用にとなるとほぼ全文書き直しですから。

―――――

 

最近ブログ書いてないのは、やはり体調体力が一番の理由だけど、次になんかすごく忙しくなったことなんだけど、書き方が酷いなと思い直したんだよなあ。

書きゃいいってもんじゃないでしょうがと。

もちろんブログなんか自由ではありますがね、私がしたいことは何だったんだと。それに行きあたったらアレじゃ私は納得いかん。友達に手紙書いてんじゃないんだありゃ。

もうちょっとは元気じゃないとやりたいことのための書き方ができないのだと思った。気をつけるべき点に留意できないし、書いてるうちによくわかんなくなってるよね。自分ですごいムカついた(苦笑)外出記だって書けないでいる。

あれこれ気づいた時にちょうど病院からベッド空いたって連絡が来たわけだ。

スマホも半壊してます(苦笑)

ここに比較的長い文章書くのはメモなんだよね。
もちろん公開だし友達いるので本当に自分だけのメモじゃないんだけど、最低限、人が読む可能性があることを意識してるってうまく活かせるならした方がマシですね。莫迦なことも書いてるけど(苦笑)

本当に自分用のメモならEvernoteもあれば手書きノートもある。全部使い方が違う。

まだあんまり文字読み書きしてられないのだけど、今さん(注 今一生さん)の『プライドワーク』の「はじめに」を読んで、やってる行動とかはともかく、ただ共感しただけじゃ無くて、何かにつけての大体の年齢が一緒だなあ、と思った。(まだ中身読んでないんですが)

もう1人、来未(注 来未炳吾さん)が映画についてブログで書いてるように(制作日誌ね)、30歳の頃に、私は似たことをした。もうちょっと若かったかも知れないけど、まあその頃、自分の人生を全部振り返って書いてるんだよね。小説にしたので、そして書き方がわかってなかったので完結とかしてないんだけど、振り返りだという自覚が一番欠けてたんで、そりゃ完結しない(苦笑)

年齢とか何十世紀とかそういう数字は恣意だという人がいたんだけど、そうでもないだろうと思った。

感覚的な話だけど、40歳くらいって「ん?」ってなるなーって思う。これでいいんだっけ、とかそういう感じ。人によって誤差はあろうし、気にせずに過ぎる人もいるだろうけど。

私は年齢を気にしたことって本当に1回もなかったのに、昨年、40歳になるというのは何故かすごく気にした。何だったのかはもっとゆっくりちゃんと考えないとわからないけど、本当に気にした経験がなかったから、放っとくの気持ち悪い。まあ考えるよりも別の方法もありそうだからとにかく時間かけようかと思う。

私がわかってなかった最大のことは、自分をちゃんと大事にすることだ。自分で壊し続けながら助けてくれないったって人はどうしろっていうの。賽の河原ですか(苦笑)

わかったからまあいいと思ってるけど。

そのことでゴチャゴチャしてることを片づけるには、今はちょっと休ませてもらえる環境が要るなと思った。

日程調整ついたら入院して来ます。