読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKITAのリハビリ的日記

心のお片づけをする発達障害系な人

人間が怖い

精神 言葉 思うこと 日記

前の記事生き延びるために - NIKITAのリハビリ的日記

で絶叫した訳だが、有効な手段はまだ取れないでいる。

 

応答してくれた人もいるが、私がロクに会話(テキストなのでメッセンジャーやらチャットだが)できない状態で、話をリードしてもらえないともうまともな相談にはならないのだ。

 

昔、いのちの電話にしょっちゅうかけていたが、そんなスタミナがよくあったものだ。東京いのちの電話は2時間はリダイヤルし続けなければ繋がらない。

 

そして私はかけるのをやめた。何の解決策も前進もなく、毎回謝罪されるだけだったからだ。

 

だいぶ前の記憶である。かなり引っかかりつつも音声での通話ができていたし、今ならそんな頼りになるかわからない所に本気の相談はできない。話して整理してスッキリという問題ではなく、私は切実に解決手段を見つけたいのだ。その頃は生活保護くらいしか受けていなかったし、事件に遭う前だったから、切実は切実でも切迫度がまるで違った。

 

人間は怖かったが、色々あった今とは訳が違ったのだ。

 

過去の話をする体調ではない。この今の体調をいくらかは浮上させなければ無理だ。今でさえ既にきつい。

 

本題であるが、私からかくかくしかじかだからどうしたい、ということさえ言える状態でもない。話が複雑だから、文字にせよ通話にせよ会話を続ける必要がある。もう頭が回らないのでそこでわかってくれるかも知れないが、切り出すこともできないのだ。何を最初に言えば良いか、時間帯は、と気を回すことが多過ぎる。

 

症状は悪化の一途なので眠ることなどかなり難しくなった。そして眠ったら必要なことは忘れてしまう……。が、この眠さでは人に向かって言葉を発するのは不可能だ。

 

酷い記事だが、公開しておこう。