読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKITAのリハビリ的日記

心のお片づけをする発達障害系な人

過去の話-実家

グリーフケア

グリーフ【grief】悲しみ、悲嘆、心痛ケア【care】手当て、治療 自分のこれまでの人生があまりにメチャクチャだったので理由を探って、ひとまず行き着いたのが幼稚園時代の親との関係だった。 長らく、理屈ではそういうことだろうと思っていても実感がついて…

幼稚園時代に形成された世界と言葉

私が何故言葉にこだわって書くことをしつこく続けているかに行き当たりました。いくらか記憶が出て来たので書いておきます。幼児期の話になります。 どのくらいこだわっているかですが……。 今の私の文章は薬の離脱症状に見舞われながら書いているのであまり…

薬とお別れして行く、という決断

断薬に舵を切ることにした。週末の診察で主治医と話してくる。 私はそもそもあまり薬物療法が効果を上げていない。主治医と私は精神科薬を時間稼ぎの道具と認識しており、いずれは薬をやめていくものと思っている。 が、私の場合は薬が効かないことが多すぎ…

「また怒られた!」2017/03/16 18:30

怒られたり私の何かを否定していると受け取れる言動を取られると恐怖感を覚えるらしい。過剰反応するのはそのためだ。怒りは恐怖を覚えるような状態でも湧く。防衛本能的なものだろう。 私は実家を出た途端、連絡しても親類縁者から応答されないのでほぼ絶縁…

したいこと。 2017/03/06 8:23

昨日意識がちゃんとはっきりしました今日は入院6日目 特に何というわけではないのですが、入院するたびに初期は意識がほとんどなくなります毎回のことで、検査でも異状があったことがないので逆に困る始末。 4歳でたらい回しの末引き受けてくれる病院が1ヶ所…

記憶奪還 2017/02/02 19:54-22:32

例えば、休もうと思い、寝ようと思った途端に息が苦しくなる。こういうことだらけだ。 私の世界は「ねばならない」「であるべき」でできている。 私の意思、なんて文字を打つだけで気道や肺が潰れたんじゃないのかと思うほど苦しい。 休むとか遊ぶとかいうの…

【私にとっての「苦痛」の意味 1】 2017/01/19 18:07-19:14

あまり眠れない。 酷くうなされていたような気がするが、目が覚めても同じままの苦痛が消えも弱くもならないので意識がはっきりしないのを放っておいた。 【苦痛が意味して来たこと 1】 いくつか私に独自の意味があるから、比較的わかりやすいことを初めに書…

過去への怒り 2017/01/07 22:55‐0:00

前記事 「被災」から「復興」へ向かう道 2017/01/07 0:39 - NIKITAのリハビリ的日記 でやっと何かが始められる、という状態になったかと思う。 大体のことは悩みというより困りごとで、考えることになっている。習慣になっていないのでそうさくっと切り替え…

依存を破壊するには 2017/01/02 20:41‐21:23

結論から言うと私はここにいてはいけないと思っている。 現実の話。 こんなもの何も目新しい話じゃないんだけど。 一応経緯を簡単に言うと なんで簡単に絶望するのか特に一定の場所にいると具合が悪くなるとか誰に何言ってもらっても結局難航し続けるとか恐…

「難破」2016/12/29 19:31-22:29

「遭難」でも良いが、ひとまず現状を表すとそういう感じだと思う。 このところまるで冷静になれない。落ち着けばわかりそうなこと、できそうなことが全然、そうできない。考えることも、きちんと相手の話を聞く、読むことも。怒っているからかと思ったが、違…

難航中 2016/12/28 18:10

どうも上手く行かない。 最近色々と苦しい現象に見舞われた状態でしか記事を書けないのでもどかしい。 吐き出したいのでそれでも書くのだが。 どうしたいか? - NIKITAのリハビリ的日記 この記事に相談をしたという話を書いた。 その相談以降、特に聞きたい…

「記憶」2016/12/25 18:47

最近、本当に些細なきっかけで色々なことが心に起きるようになった。 現象そのものは身体に起きるのだけど。普通、それを「身体症状」と言う。そして原因が心の負担であるとき、「身体表現」とか「身体化」とか言う。 あまりそういう用語は使うものじゃない…

どうしたいか?

呼吸がかなり苦しいのでどうしたものかと思っていた。 処方薬の影響を疑ったが中止しても少しマシになっただけなので、心の問題なのだろう。どうだろうと思っていたら、やはりストレスを感じることがあると強まる。 そのことを誰かに相談しようと思ったが、…

2012年2月末

私は3日間、監禁脅迫された。目的はカネである。 当時私はGREEというSNSとTwitterで知り合った10名くらいの精神疾患があるか関わりのある人達と何らかの行動を起こそうとしていた。同時にパソコンなどをやっと購入してインターネット環境を手に入れていた。…

2016/12/040 4:13 Midnight desperate

この時間になっても眠れない。早々に眠剤も飲んだし、何かしてもいない。 死にたくなって仕方ないが。 WordPressで英語のブログを書いているが、どうしようもない。何語だろうが言葉にならない。 殺して欲しくなる。長年生きる気なんかなかったのが急に変わ…

2016/12/02 8:09 父の誕生日

さっさと抜けて普通にすべきことやしたいことやなんかに移りたい。発作症状がいつまでもおさまらない。 おさまらないままでも他のことができるなら良いのだが、そう軽くない。 何度も思い出し直しているのはわざとじゃない。どうやれば良いのかまだわからな…

生き延びるために

私は生きていたいという感覚がわからない。いや、正確に言えば、「生きたいと思えない」。 だから何十回か自殺を繰り返したが、こうして生きている。 理由は難しくない。親から支離滅裂な扱いを受けて「お前に人権なんかあるか」と言われたり、自分の優越感…

過呼吸と怒り

今起きている不調は、いつも起きる、変化の後の反動的なものだろう 感情 - NIKITAのリハビリ的日記 この記事はあまり正確だったとは言えない部分があるのだが、心理的な変化が起きたことには間違いはない どの程度の変化かと言ったら、そんなに凄まじく変わ…

Compassion (コンパッション)

あまりに余計なことを考えていたので、少し流すように書こうかと思う。 勇気がいるものだが、それが正常な神経だろう。 今、ほとんど息ができない状態だ。誰がどう言っても、私は自分にまるで自信などないし、そういうことは公開される場で言うものではない…

言葉にじっくりつきあうようになってから

正直に言うと苦悩の日々が続いている。 先に言うと、「自分の言葉がない」とは「自分がない」ということだ。 私は文章力に一定の評価を受けていた。単に文が巧いだけではなく、知識も豊富で、少し勉強すればその力で食べていける、と何人もからはっきり言わ…

悪夢から、醒めたのかも知れない

少々、間があいた。ブログというものの難しさに悩んだり本をあさったり考え込んだりしていたのだ。 このブログをはじめた理由は、私が自分の過去を何とかしたいというものだった。 どう書いていけばいいのかまるでわからず、とりあえずは時系列に振り返りを…

言葉と無関心

退院しましたのでぼちぼち再開します ーーーーーーーー 幼稚園に上がる前の話を思い出した。私が覚えているのではなく親から昔聞いたのだ。 私は言葉が出るのが遅く、父方の祖母が心配して相当口出しをしたらしい。ネグレクト(放置、無視)で死なせかけても何…

「子どもが病気の時 3」

私は新体操などやっていた。これにも面倒な話がついてくるが、病気になったりケガをしたりして、今思えば何らかの処置が必要だったり、大人の目から見たら無理にも休ませるべき場面が相当あった。 「好きでやってることで文句を言うな」 新体操も学校も、あ…

「子どもが病気の時 2」

風邪を引くなどしても、私はまるで対処がわからない、と書いた。 大人になってから教わるなどしても、どうもとっさに思い出すことはものすごく難しいようで、仕方なく体調がおかしい場合は人にあれこれ聞いてみないと、自分に何が起きていて、どう対処すれば…

「ブログ再開します/子どもが病気の時 1」

【前の記事から】私は親の放置のためにひきつけを起こし、危篤状態で救急車を呼んだものの受け入れてくれる病院がなかなか見つからなかった。 やっと引き受けてもらった病院では始めから絶望的であることを告げられ、死にかけたが、それについては後遺症もな…

開始 (ネグレクト 1 書き直し)

前記事がわかりづらいので、書き直しておく。 私の人生最初の記憶は、両親による放置の結果死にかけたものだった、という話であった。 生命などの重要な結果につながる放置を、現在では「ネグレクト」と呼び、重大な虐待行為に数えられる。 私は当時幼く、意…

ネグレクト 1

記憶の始まりは、病院の中だった。 入院していたのである。幼稚園に入園して間もない、四歳の時だ。 病名ははっきりつけられなかったが、「麻しん(はしか)脳炎の疑い」といつも書く。 通常、記憶の始まりは三歳頃だそうだが、病室内以前の記憶はさっぱりない…

このブログを始めるにあたって

過去の精算、といえばいいだろうか。 最近まで、自分の親がまともな人達ではなかったことは知っていたが、はっきりと「虐待」であったこと、自分がずっと怒りをためこんできたまま生きてきたことは、わかっていなかった。 精算というと大げさかも知れないし…